HASCO ARCHERY NEWS
FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

comments: deny  trackback: deny

カスタマイズ 11/1

新潟で行われたインターハイからお披露目されているHAC-700のキャスターの紹介ですヽ(^◇^*)/
HASCOのスケート事業部とコラボをしてより良いケースにカスタマイズできるようになりました
このタイヤは標準のタイヤに比べて接地面が大きいので安定感があり転がしても静かなんです!!!!
実際にショップに来て頂くと転がして比較できます!!!
あとベアリングも変えたのでスムーズに引くことができちゃいます(^▽^)/

標準のタイヤと新しいタイヤを回した比較動画です

[高画質で再生]

HAC-700につけてみるとこんな感じです(*´∇`*)
IMG_2209.jpg


色は4色で左から赤、青、黒、白となっています(*^-°)v
IMG_2389.jpg

柄がある面をつかって派手にするもよし
無地の面を使ってシンプルにするもよし
あなた色にケースをカスタマイズしてみてくださいo(゚ー゚*o)
スポンサーサイト
comments: deny  trackback: deny

豆知識コーナー☆

稲本です!

ブログ放置しっぱなしで今日にいたりました


すいません!!!




2010年、今年もハスコを宜しくお願いします



インドアシーズンまっただ中ですね、矢を変えてトライしている人

そしてチューニングで矢をいじっている方いると思います


そこで、今回はプチ実験をしてみたいと思います。


皆様は矢のポイント交換はご自分でできますか?

そのときに気をつけること!

「アルミシャフトは火で炙っても良いけど、カーボン矢は火で炙ったらダメだからね!」


って聞いた事、言ったことあると思いますが、ここで実験です☆

『炙ったらどうなるの?』


まぁその名の通りシャフトをアルコールランプで炙りました。


まずは、オールカーボンシャフト代表の「BEMAN」です!

[高画質で再生]

BEMAN


見事に瞬殺です。。。


では次に、アルミ/カーボンシャフト代表のA/C/E。

[高画質で再生]

ACE


これも見事に。。。


最後に、炙っても大丈夫と言われるアルミシャフト。

[高画質で再生]

XX75


やはり長時間炙るとダメっぽいですね。



以上の実験データから


オールカーボンシャフトは絶対に炙ってはならない!

アルミシャフトは短時間なら。





ちなみにアーチェリーで使われるホットメルトの融点は90度前後。

カーボン樹脂が燃えるのは100~110度。



専門家の話だと、火で炙るとカーボン繊維をくっつけている樹脂(接着材)が燃えるので柔らかいカーボン繊維だけになってしまうとのことです。

カーボンシャフトは溶かしたホットメルトでは痛まないということですが、火で炙るといちころだそうです。


皆様、シャフトのポイント交換の際はポイントのみ炙るようにしましょう。


comments: deny  trackback: deny

まだまだ進化は続く??

週1回撃てるか撃てないかでがんばっております
稲本です!

前回、僕が書いたブログの筋トレを実践していただいてるという
声をよく耳にするようになり、嬉しい気分です(^0^)/


中には、あの筋トレをしても数を増やしても筋肉痛がこないんです(TT)
というツワモノにも出会いました!

が・・・、あの筋トレのハードバージョンを勧めると、筋肉痛が訪れたということでした☆

ハードバージョンというのが底で、あごつけ状態で5秒キープというもの。。。
これがきついんです。

僕はこのハードバージョンで頑張ってます!




そうそう、TF APECS 今、撃ってるんです。
TF×稲本

これはすごい弓ですねぇ。


当たるときのグルーピングが小さすぎます!


弓具の進化はどこまでいくんでしょうねぇ☆

まだまだ半分ほどしか進化してないような気がします。


今後どんな進化が待っているのか楽しみですね!!!!!
comments: deny  trackback: deny

音・・・

最近毎日腕立て伏せしてる稲本です

逆三角形目指して頑張ってます!





さぁこれから試合のシーズンですね!

皆さん弓のチューニングは完璧ですか?

矢飛びの良さ、羽根のクリアランス、弓の静かさ。


この3点が重要です



特に弓の静かさは重要で


まずネジの緩みがないか。

そして、ティラーハイトの差。
これを0ミリから10ミリ程の範囲を地道に1ミリずつ変えて
音や振動の1番静かな所をさがす。

すごくめんどくさい作業ですが


単純に静かな弓は当たる気がします!


あると思います




僕も、振動の無い静かな弓を目指してチューニングしています。



現在、新しい商品を順次開発中ですのでお楽しみに☆






プロフィール

hascoarchery

Author:hascoarchery
HASCO ARCHERYの
 ブログへようこそ!

最新記事
Twitter Updates

hasco

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム

リンク
QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。